60年に一度の鴨川の大祭 「厳島神社 弁財天 本開帳」

今日は鴨川へ行き、60年に一度のお祭りを見てきました。

この大祭は離れている神社に船を並べて船の上をお神輿を担いで渡るという60年に1度しか見られない「本開帳」のお祭りです。

私が生きていくうちに最初で最後のお祭りになるだろうと思いますが、見学できてとても良かったと思います。弁天島まできれいに並ぶ漁船に圧倒され、担ぎ屋台には見どころが満載でした。

一生で一度しか見れないという意識がとても強く、見る事ができてよかったと思います。

「鴨川漁港の突端にある磯村弁天島厳島神社は、漁業・航海・財宝の神様として、大漁万作・海上安全・開運繁栄を願い、磯村を中心に多くの人々から崇敬されてきました。
その霊験あらたかな弁財天の御尊像を特別に拝観できるのが「御開帳」であり、30年ごとに行われていますが、今回は60年目の「本開帳」にあたります。鴨川漁港の卸売市場前から弁天島までの約250mの海上には漁船が並び、神事が繰り広げられます。(鴨川市役所HPより抜粋)」

おかげさまで8年連続開催!

KindHeart企画大型イベント安房コンは今年で8回目の開催を迎えました。数多くのご参加された方や御協力企業様本当にありがとうございます。

お問い合わせ

TEL: 0470-28-4140

FAX: 0470-22-8268

携帯:080-5513-7510

E-Mail:kindheart-7510@hotmail.co.jp

 

営業時間

AM9:00~PM21:00

※電話対応は年中無休